2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  +震える意味を守らせて+    2008.05.07
れっじー<久々にトール火山1FへGO!≡c( っ・ω・)っ

メンバはLv86-93でLK氏・ジプシ嬢・冠氏・ハイプリ(俺)という、ダブルアローバルカンが火力のカルテットでっす(゚ω゚)ノ
久々の富山1F(*゚ω゚*)ノ
実は今回、俺は新装備を導入(ぉ
富山のためだけに買ったと言っても過言ではない、黄色の頭巾と遠距離盾(>ω<)b
今まで富山での俺の死因のほとんどは剣ガディさんからのスピアブーメランだったんですよ。んもう、なす術なく即死即死w
で、基本の盾を無形盾→遠距離盾にして、無形盾はカーサのタゲを預かる時だけってしてみたけど、どうやらこれが正解っぽく。
剣ガディさんからブーメラン喰らって、初めて即死しませんでしたw その直後に通常攻撃で切り刻まれましたがーorz
まずは即死しなかっただけ1歩前進ですかね(*´ω`*)
さてさて。
トールはペア~大人数PTまでいろいろやったけど、この構成は今回が初めて!
これは(俺的に)予想以上にイイですねー(*゚Д゚*)

半殴りっ子の俺のDEXでは冠氏のブラギがないとココでトリオ以上はアスムの維持がキツイ&サンクが間に合わないし、VITが少ないのでよく出血に掛かってSPカツカツになるので、ジプシ嬢のサービスフォーユーが超ありがたいわけです。

そしてジプシ嬢の『私を忘れないで…』が、剣ガディ戦&サラマンダー戦には欠かせない!!
わたしを忘れないで…!
脅威の2HQの効果を打ち消せるので、すんごく楽になりますね。
セイフティウォールの消費量がかなーり減ります。ありがたや!!

でも、やっぱり苦戦するのは剣ガディさん。
倒せるんだけど、殲滅の態勢をキチンと整えるまでに犠牲者が出ちゃうのがどうにも…(ノД`)

富山は地形が分かり難いのがやっぱ難点。
思わぬ障害物(小さな岩や地形の起伏)で射線が通らないことが多々あって、それで余計に剣ガディ戦の難易度が上がってますよねん。

ま、その難しさが富山の面白さでもあるわけですが(*゚Д゚*)

今回のカルテットで地味~に梃子摺ったのは弓ガディさん。
出来ることなら弓ガディさんのスキル射程に入らないようにして倒せればいいんですが、このカルテットだとそれが難しく…。
アローシャワーでニュマ&サンクから吹っ飛ばされまくりで大変たいへんw
対弓ガディさん用にWizさんが欲しくなりますね。

ところで、1時間湧きのコイツ↓に2回も遭遇したのは運がいいと言うべきか…orz
ビョルグ!なんて空気読めない子!(゚Д゚)
もうちょっと空気を読んで湧いておくれよ。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
しかし、ジプシ嬢のこぼれたラーメンには和んだw

今回は3時間近く(出直し1回)を富山で過ごしたのですが、経験値の方は減って取り戻して増えたと思ったら減って取り戻して終わってみれば全員ちゃんとそれなりにプラスとか、そんな感じw
安定して稼げるようになるにはまだまだですが、安定して稼げるようになっちゃったら、それはそれで詰まらなさそうな…(・ω・≡・ω・)

で、経験値はプラスでもお財布は残念ながら今回もマイナス。
消耗品の消耗がヒドイのでレアでも出ないと経費は大幅に赤字なのが富山狩りの仕様です/(^o^)\
ちなみに俺の場合、白スリム60個・レモン130個・イグ実1個・青石250個くらいです、そして清算で渡された精算金は60Kちょっと…(゚Д゚)
これで下級精霊の指輪(←身内に100Kで押し付け)が出てなかったら…と思うと泣けますな。
いいんだいいんだ…いつかオルレアンの手袋が出ると信じてるから!(夢から醒め(ry

ま、富山のスリルはプライスレス!ってコトでw

今回、富山狩り初めてだった冠氏も、すっかりその魅力にはまったご様子。
生きるか死ぬか、常に背中合わせの狩りはホント熱い(>ω<)b


我輩は常に倉庫に眠っている…(役立たずって言うな!) † 黙示録の嘆き †
取り敢えず、電気ウナギ以外のレア(下級精霊の指輪)が出ただけで大満足な主人に我輩は泣いた。

↓よろしければランキングに1票、入れてやってくれ給え。
FC2ブログランキングへGO!
FC2 Blog Ranking
Secret

TrackBackURL
→http://rebelluk.blog79.fc2.com/tb.php/199-0f7c6047
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。